読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ChinoDuino(Chino × Arduino)

自発性のないプログラマーがArduinoと出会って悪戦苦闘する様を綴っていく⇒今はいろいろ(^^;

シフトレジスタとの出会い

前回までの7セグメントLED(4桁)において、ArduinoUnoのピンをすべて使い果たしてしまうことが判明。。。。これでは、他のことがなんにもできなくなってしまう。

Google先生に聞いてみた。。。

 

Arduinoのピン3本を使用するだけで、8つのLEDを制御している!

http://arduino.cc/en/Tutorial/ShiftOut

 

シフトレジスタとよばれる中の「74HC595」↓

f:id:chinoppy:20140531182734j:plain

しくみは8ビット(1バイト)の情報を送れる。なので、例えば8つのLEDの「ON/OFF」を制御できる!しかも、Arduinoで使用するピンは3つだけ。

 

ちなみにこのシフトレジスタはつなぐこともできる!なので、こんなことも!

シフトレジスタを増やしても、Arduinoで使用しているピンは3つ!

ソースはこちら

https://github.com/peacemaker07/Arduino/tree/master/ShiftReg_R-L 

 

調子にのってこんなことしてみた!

f:id:chinoppy:20140531183758j:plain 

・・・これを作ってみて感じたことは、ここまでLEDを使用するならドットマトリクスLEDを使用したほうが簡単にできるし、完成までの時間もはやい。。。(^^;

経験ということで。。。。