読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ChinoDuino(Chino × Arduino)

自発性のないプログラマーがArduinoと出会って悪戦苦闘する様を綴っていく⇒今はいろいろ(^^;

AWS-IoT Shadowとchinopi(chino × Raspberry Pi)

今日、GEEKLAB. JOETSUのIoTハンズオンのイベントで初めてAWS-IoTを初体験。
少しずつでも触っていこうかと思い簡単な覚書。

内容は「AWS-IoT ShadowからLEDをオン・オフする!」でRaspberry Piを使用!

講師は吉田研一さん(ECCコンピュータ専門学校)
上越教育大学の大森先生JAWS-UG 上越妙高支部の植木さん

f:id:chinoppy:20160924100844j:plain

まずはLEDとRaspberry Piと繋ぐ

LED、100Ωカーボン抵抗、ジャンパワイヤを配線して、Raspberry Piと繋ぐ。
ちょっとわかりづらいですが、、、手前がLED。。。

f:id:chinoppy:20160924103854j:plain

Qiitaの記事をみながらAWS-IoTとRaspberry Piを接続!

記事はこちら→AWS-IoT ShadowからLEDのオン・オフを行う(AWS IoT Device SDK for Pythonを用いて)

すごく参考になります!

※ちなみに手持ちのRaspberry Piでも試して、その時はpipをインストール

$ sudo apt-get install python-pip

完成

会場ではちゃんと組み立ててLEDの点灯ができなかったので家で点灯成功!(^^;
(LEDがピンポン玉の中にはいっている)

f:id:chinoppy:20160924170900j:plain

すごく簡単にできてしまった!

AWS IoTは、IoTデバイスを管理するための機能としてThing Shadowsというものがあり、デバイスとの接続がオフラインになったとしても、デバイスの状態管理ができるようになっているようだ。。。

AWS IoTのThing Shadowsを図と実行例で理解する #reinvent | Developers.IO

まだ全然、これを使用してのアイディアがないけど、、、考えていこう!